毎日部活動に夢中でがんばっている子も、塾に通って一生懸命勉強している子も迎える大学受験。本人が志望する大学に進むことが親にとっても幸せだと思いながらも、気になるのが資金面。国公立ならそれほど心配することはないものの、私立大学の場合は大学によって違うからどのぐらい備えればいいのかわかりにくいですよね。ここでは、私立大学4年間でかかる学費についてご紹介します。

まず、国公立はどのくらいかかる?

「できれば国公立大学に進んでほしい」という声をよく聞きますが、まず国公立大学に進学した場合の4年間の学費はどれくらいなのかご紹介します。国立の場合は学部に関係なく81万7,800円であることがほとんどです。入学金が28,200円で初年度授業料が26万7,900円です。公立大学の場合は、入学金が10万円から50万円ほどと幅がありますが、初年度授業料は53.8万円です。国立大学の場合は、学部に関係がない点は学びたい人にとってはとてもありがたいですね。公立大学も私立高校3年間に必要な費用がだいたい1年で100万円ほどなので比較的負担が少ないといえます。

学部の系統別私立大学の学費

国公立大学に対して私立大学は必要な学費が学部によって大きな差があります。初年度納付金額はおよそ131万5,666円ですが、1年間の授業料が医歯学部・理科学部・文化学部によって異なります。

医歯学部  489万2,648円(4年間でおよそ1,600万円)
理科学部  150万1,833円(4年間でおよそ590万円)
文化系学部 115万1,318円(4年間でおよそ480万円)

現在子ども一人が大学を卒業するまでに必要な金額が1,500万円から2,000万円と言われていますが、まさにその多くは大学の学費に費やされるのですね。また、学部によって大きな差があり、医歯学部と文化系学部では4~5倍の差があります。国立大学では全く差がないという事実を知ってしまうと、なかなか受け入れがたい部分ですね。医歯学部系を志望する場合は家庭の状況にもよると思いますが、かなりの費用が必要となります。卒業後順調に就職し仕事を続けていればその分以上のものが返ってくることが多いですが、在学中に金銭面であらかじめどのぐらい備えておいてどのように対応していくかきちんと考えておく必要があります。

文系でも一人700万円ほどが必要

大学4年間で必要な学費はご紹介した通りです。でも、大学といえば人生の中でもいろんなことにチャレンジしたい時期でもあります。友達と海外旅行に行ったり留学をしたりする人もいるでしょうし、中には一人暮らしに挑戦したりする人も多いのではないでしょうか。そのため、学費以外の面でたくさんの費用が必要になります。

・学費を含めたトータル費用の平均金額
国公立    約511万円
私立大学文系 約692万円
私立大学理系 約787万円

私立大学の医歯学部なら学費だけで1,600万円必要なのでトータルで考えるとそれ以上かかるでしょう。国公立大学の場合はやはり学費が抑えられていることもあり600万円ほどの備えで大丈夫そうですが、私立大学の場合は文系であっても一人約700万円が必要になってきます。全てを親が準備するか本人がアルバイトの給料や奨学金を利用するかは各家庭の状況によって異なると思います。まずは必要となるであろう金額は頭の片隅においておきたいですね。

いかがでしたか。大学進学するとなるとどの大学に行くにせよ大きな金額が必要となります。中でも私立大学に進学する場合は学部によって大きく費用が異なりますが、在学中は比較的多額の費用が必要となります。いきなり大学の授業料を払っていくことは多くのご家庭では難しいと思います。まずはどのぐらい必要なのかを知って、これからに備えていきましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

コツを掴むだけ!続けられるお金のため方・考え方

なかなか貯金できない人必見!コツを掴めば簡単に貯金ができます。手を抜きがちなポイントもあるかもしれませんが、…

Styl@es / 349 view

30代以上主婦にやってほしい エクセル管理で電気代を賢く節約する方法

電気代の節約がうまくいかないのは、もしかしたら毎月のお金を管理できていないからでは?エクセルを使って簡単に電…

Styl@es / 381 view

節約を始める前に絶対に読んでおきたい節約ノウハウ本5選

貯金はしたいけど、なかなかできないという人も多いのではないでしょうか。そんな方は、貯金のノウハウを理解してい…

Styl@es / 494 view

関連するキーワード