夫へのお小遣いはいくらあげていますか。また、周りの家庭ではいくらあげているのか気になりませんか。ここでは、夫へのお小遣いの相場や使い道、無駄な出費の見直し方などについて紹介します。夫のお小遣いについて不満や悩みがある方は、参考にしてみてください。

夫へのお小遣い相場はどれくらい?

お小遣いの相場はいくらぐらいなのでしょうか。新生銀行の「2016年サラリーマンのお小遣い調査」によると、男性会社員のお小遣い平均額は37,873円で、年代別では20代が40,879円、30代が36,846円、40代が35,670円、50代が38,113円となっています。子供の教育費がそれほどまだかからない20代の方が、最も高いお小遣い額となっています。家庭状況などにもよりますが、夫の手取り収入の10%程度をお小遣いにしているケースが多いようです。実際にはもっと貰っている人も、逆に1〜2万円台の人もいます。では一体お小遣いをどのようなことに使っているのでしょうか。

夫のお小遣い、主な使い道は?

夫はお小遣いを何に使っていることが多いのでしょうか。こちらも各家庭や個人でバラツキはありますが、「2016年サラリーマンのお小遣い調査」によると、お小遣いの使い道のトップ3は、昼食代約50%、趣味代約29%、嗜好品代約29%の3つです。その他には飲み代や携帯電話代、雑誌・書籍代などに使っている人が多いです。昼食代も小遣いの中から捻出するのは大変ですよね。昼食代の平均額は587円で、月22日勤務の場合は昼食代だけで12,914円かかる計算です。お小遣いの平均額が37,873円なため、昼食代を差し引くと残りが24,959円になります。そこから、趣味代や嗜好品、飲み代、携帯電話代など引かれるとほぼ手元には残らず、多くの人が赤字です。男性会社員の1回の飲み代の平均額は5,102円とのことですので、月2回飲めば10,204円の出費です。
さらにリサーチ会社MM総研が発表した調査によると携帯電話代の平均額が6,342円(スマホ)となっています。付き合いもありますので飲み代と携帯電話代を固定費と考えれば、手元に残るのは8,413円、1日あたり280円です。これだとタバコも買えず、コーヒーやお茶などの飲み物代だけで終わってしまいます。

お小遣いが足りない?無駄な出費を見直そう

上記のようにお小遣いの平均額を貰っていても、昼食代と月2回飲み代、携帯電話代、ペットボトルなどの飲み物代だけで使いきってしまいます。とてもじゃありませんが服を買ったり、趣味に使ったりなどする余裕はありません。しかし、無駄な出費を削れば、より多くの金額を手元に残すことが可能です。
例えば、昼食は毎日外食するのはもったいないです。自宅から弁当を作って持っていけば費用を抑えられますし、ペットボトルの飲み物代も水筒を持参すれば100〜150円を節約できます。携帯電話代も格安SIMを利用すれば、月の利用料金は1,000〜2,000円程度に抑えることができるため、これだけで月に1〜1万5千円程度の節約が可能です。小遣いも出費を見直すだけで、他のことに使えるお金が捻出できます。いきなり全部は無理でも、週に2〜3日は弁当を持っていくなど無理のない範囲で節約を始めましょう。

夫婦で2人で話し合ってルールを決めよう

お小遣い額や使い方は1人で決めるのではなく、夫婦で考えて決めることが大切です。将来、夫婦でどんなライフプランを描いていて、そのためにいつまでにいくら貯金が必要なのか。毎月のお小遣いはいくらにするか、お酒代や昼食代、ガソリン代はお小遣いから捻出するのかなど、明確に決めましょう。お小遣いが少なくして貯金を増やしてもストレスを抱えることがありますし、お小遣いを増やして貯金を減らすと不安が募ります。そえぞれのバランスが大事なので、どうすればお金を有効にやりくりできるか?を考えて夫と妻の両者がともに納得して取り組むことが大切です。

大事なのは夫へいくらあげているかよりも、お小遣いの出費の見直しです。生活費同様、節約が可能ですので1度しっかりと夫婦で話し合い、ルールを決めるようにしましょう。お互いが納得した上でお小遣いの額を決めることができれば不安もきっと解消します。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

携帯電話の料金をおトクに♪オススメの格安スマホ5社

普段使っているスマートフォン。毎月の携帯電話料金に悩んでいる方も多いのではないでしょう?今回は、そんな方にオ…

Styl@es / 155 view

ここだけは押さえておくべき投資のトレンド紹介

投資をする人にとって、投資トレンドはとても重要な情報ですよね。しっかり情報収集し、投資の参考にしてみてはいか…

Styl@es / 309 view

スマホ料金を安くする方法②学生向け

学生だってスマホ料金を節約したい! そんなとき頼りになるのが「未成年でも契約可能な格安SIM」の存在。学割に…

みっちー / 403 view

関連するキーワード