子供へのお小遣いは毎月いくらぐらいあげていますか。また、お小遣いは月額ですか、それとも報酬額としてあげていますか。お小遣いの金額やあげ方は各家庭でさまざまです。ここでは、お小遣いの平均額やあげ方、明確なルールを決める大切さについて紹介します。

学年や家庭で違うお小遣い額

子供のお小遣いは月にいくらぐらいが相場なのでしょうか。金融広報中央委員会の「暮らしと金融なんでもデータ」(平成28年度)によると、学年ごとの月のお小遣いの平均額は次のとおりです。

小学校低学年 1,206円
小学校中学年  777円
小学校高学年 1,272円
中学生    2,453円
高校生    5,578円

あくまでも平均額なので、家庭によって金額は異なりますし、高校生になるとアルバイトをする子供が増えるため、お小遣いを貰っていない学生も大勢います。お小遣いの使い道としては小学生はゲームソフトやおもちゃ類の購入、中学生は飲食物や外食代、高校生は飲食物や友達との外食代などに使っていることが多いようです。お小遣い平均額は価値観によって捉え方が違いますが、「思ったより少ない」「貰いすぎなのでは?」どちらでしたでしょうか。

お小遣いシステムは家庭の文化

お小遣いのあげ方に正解はありません。各家庭によってお小遣いの金額もあげ方も異なります。基本的にお小遣いをあげることはなく、都度必要な物があれば買う家庭もあります。あるいは食器洗いをしたら50円、洗濯物をたたんだら50円など、家事を手伝うことでお小遣いが貰える報酬額システムの家庭もあります。また、テストで90点以上取れば500円、部活やコンクールなどで好成績を残せば1,000円など、学業や部活の結果によってお小遣いをあげる家庭もあります。お小遣いシステムは各家庭の文化で、違いがあるのが当たり前です。「周りがこうだからうちの家も」と同じにする必要はまったくありません。うちはどんなお小遣い方式にするのか、考えることが大切です。

お小遣いは子供が金銭感覚を学ぶきっかけ

お小遣いは子供が楽しむためのものでもありますが、金銭感覚を学ぶきっかけにもなります。手伝い(労働)をすることでお小遣い(対価)が貰え、お小遣いを使うことで何がいくらぐらいかかるのかを認識できるようになります。お小遣いが◯円だから△△と□□に使おうと、予算をどう使うか計画する姿勢にもつながります。お小遣いを貰う(稼ぐ)・使うの一連の行動で大人になる際に必要な正しい金銭感覚を身に付けることが可能です。お小遣いのやりくりも社会勉強の1つとして捉え、その目的があることも忘れないようにしましょう。

子供としっかり話し合って決めよう

子供のお小遣いも、夫へのお小遣いや生活費のやりくりと一緒で、子供としっかり話し合ってルールを明確に決めることが大切です。たとえばお小遣いは月◯円、△△を手伝ったら◯円、テストで100点取れば◯円などの大枠のルールを決める。文房具はお小遣いとは別に買う、お小遣いの前借りは禁止、1日に◯円までしか使わないと決める、スマホゲームの課金はお小遣いからなど。細かな使い道についてもルールを決めておくことが大事です。ときにはルールを破った場合の罰則を設けることも一つの手段かも知れません。特にスマホのゲーム課金などは明確にしておかないと多額のお金を使う可能性があります。いずれにしても子供も納得した形でルールを決めれば、ルールを破ることも少なくなります。

お小遣いの金額やあげ方は各家庭によって違うのが当たり前です。正しい金銭感覚を学ばせるためのお小遣いであることも理解した上で、子供としっかりと話し合い、お互い納得したお小遣いルールを決めるようにしましょう。お小遣いをあげ、使うごとに子供は学び成長していきます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

30代以上主婦必見!電気代の支払方法を変えてお得にポイントゲット!

皆さん、電気代ってどのように支払ってますか?実は支払い方法によってポイントや割引になることがあるので、ぜひチ…

Styl@es / 293 view

電気代の節約に!LED電球がおすすめの理由

電気代の節約に!LED電球がおすすめの理由についてまとめました。白熱電球の代わりとして活躍する、LED電球に…

Styl@es / 258 view

主婦の味方!今日から始められるガス代節約術って?

主婦の味方!今日から始められるガス代節約術って?についてまとめました。毎月の出費としてつきまとうガス代を、少…

Styl@es / 235 view

関連するキーワード