受験勉強のために塾に通う場合は、どれくらいの費用がかかるのでしょうか。早くからおおよその費用を知っておくことで、計画的に準備ができますよ。ここでは、受験塾の費用の相場や塾の種類、何よりも本人のやる気が1番大事なことについて紹介します。

受験塾の費用の相場は?

文部科学省の発表した平成26年度の「子供の学習費調査」によると、高校生が支払う塾の平均費用は下記のようになっています。

公立高校1年生  56,681円  私立高校1年生  77,061円
公立高校2年生  94,666円  私立高校2年生 154,695円
公立高校3年生 136,647円  私立高校3年生 198,889円
平均      95,450円   平均      142,063円
 
塾の種類や地域によっても異なりますし、塾とは別に家庭教師も雇っている場合は、さらに大きな費用がかかります。いずれにしても受験を視野に入れた塾等の学習費は、ある程度お金がかかるため、それなりの準備が必要です。

塾の種類

塾には集団指導タイプの塾と個別指導タイプの塾があり、それぞれ特徴が異なります。集団指導型は、個別指導型に比べて大人数で学べるため、学力別のクラス編成が可能ですし、仲間たちと切磋琢磨できるメリットがあります。一方で、集団が苦手な学生はストレスを感じやすく、先生とも距離があるため気軽に相談や質問がしにくい場合があります。
学年にもよりますが、某大手塾では入会金が15〜20万円、年間受講料が40〜50万円、夏期講習・冬期講習などが20万円ほどかかります。個別指導型の場合は、ほぼマンツーマンに近いため、学生のレベルに合わせてカリキュラムを組んでもらうことができます。また先生との距離感も近く、気軽に相談や質問ができるのがメリットです。一方で、競争相手がいないため目標を設定しにくく、自己管理がとても大切になります。某個別指導塾では入会金は0円、年間受講料(週3日)が50〜60万円かかります。どちらの塾が魅力的かよりも、本人に合った環境を選ぶことの方が大事です。

各塾ごとの価格や強みの違いなど

ここでは代表的な例として大手2塾についてそれぞれ説明します。

《東進ハイスクール》
言わずもがな現在最も有名な受験塾ではないでしょうか。実績の高い個性溢れる有名講師が数多く在籍しています。人気の有名講師が教えるだけでなく、担任による合格指導面談で合格のための最適な勉強方法を一緒に考えてくれます。また担任助手が日々の学習状況も確認し、モチベーション維持を図ります。オンライン受講などもやっており、全国から多くの学生が集まります。入学金32,400円、受講料は1講座あたり75,600円、担任指導費32,400円、講習講座学費18,900〜37,800円、模試費10,800〜25,920円かかります。(全て税込)

《早稲田アカデミー》
集団指導も個別指導も行っている早稲田アカデミーも非常に有名な大手塾の1つです。高い教育スキルを持った講師が少人数制の環境下で徹底指導します。授業だけでなく、宿題や学習フォローも担当講師が行うため、きめ細かいサポートが可能です。豊富な情報力をもとにした入試分析力にも定評があります。入塾金21,600円、受講料は1講座13,100円〜(120分授業)となっています。(全て税込)

このように大手塾に限ってもその特徴や強みは異なりますので、よくその特性を理解したうえで選びましょう。

塾に限らず子供と受験計画を話し合おう

塾に通い学力を高め、志望大学などを狙うことは大切なことです。しかし塾に通っても子供自身がやる気にならなければ意味はありません。本当に塾は必要なのか、どんな塾であればやる気があって通えるのか、本人と将来の進路について話し合い、納得した上で塾選びをしましょう。塾も中学や高校と一緒で、勉強の仕方や雰囲気、特徴などがそれぞれで異なりますので、本人に合った環境を選ぶことが大切です。
また夏期講習や冬期講習など学校が休みの時に集中して塾に通うことは勉強のメリハリをつける意味でも効果的です。子供自身や家庭の環境に合った方法をよく考えて選択してください。

塾の費用は集団型でも個別型でも決して安くはありません。目標を叶えるために塾に通うわけですので、本人としっかりと話し合い納得した上で塾に通ってもわらないと意味がありません。親の押し付けになってしまうと、本人はストレスに感じやる気も起きないでしょう。進路について話し合った上で塾に通うかどうか、どの塾にするかをしっかり話し合って決めましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

こんな銀行ありかも!銀行のユニークなサービス5選

銀行に面白いサービスがあることを知っている人は少ないのではないでしょうか。ここで紹介する面白いサービスを知れ…

Styl@es / 566 view

電子マネーのポイントを損なく使いこなす方法

今では、さまざまな種類の電子マネーが流通し、あらゆる買い物にポイントを貯められるようになりました。そのポイン…

Styl@es / 338 view

いくらまで借りられる?年収と住宅ローンの関係

夢のマイホーム購入の際に、多くの方が住宅ローンを利用するのではないでしょうか。ここでは、年収と住宅ローンの関…

Styl@es / 389 view

関連するキーワード