子供にきちんとした教育を受けさせたいと思うのは当然の親心です。ところが日本では義務教育以降の子供の教育費用は基本的に、親や保護者が負担しなければなりません。教育費としてかかる費用は私立・公立などの学校のタイプや習い事によって大きく変わります。今回はパターンに分けて教育費の金額幅を中心に紹介します。

子供の教育費は総額いくら?

子供の教育費について考え始める時期は人それぞれ。子供を持とうと思った時に考える人もいれば、妊娠してから考える人、生まれてから考える人、中には就学年齢になって考え始めたという人もいます。教育費用としていくらかかるのかは、あるいはかけられるのかは、子供のタイプや家庭の経済事情によって大きく異なってきます。そのため「いくら用意すればいいのか」を明確にするのは難しいものです。しかし貯める目標値がないと貯めにくいのも事実。今回はどの程度を教育費用の目安にすれば良いのか、教育方針や進路に分けてご紹介します。

公立校に通った場合

一般的に教育費用は、子供一人につき1000万円と言われています。この金額を教育費として安いとみるか高いとみるかは人それぞれですが、1000万円は現代の教育事情から考えると髙い金額とは言えません。保育園から公立の小学校・中学校・高校、さらに大学も国公立で学部が文系の場合で受験する年(中3、高3)だけ塾に通ったとしたら1000万円で収まるかもしれません。ただしこの他にお金のかかる部活や習い事をすると、1000万円を超えてしまいます。つまり子供が大学まで行く場合で教育費の1000万円はいわば最低ラインといえる金額です。

私立校に通った場合

私立校に行く場合には、より多くの教育費用がかかります。公立の学校は税金でその費用がまかなわれますが、私立の場合には政府からの助成金があっても、基本的には入試や学費、寄付で運営されます。そのため公立の学校に比べて費用が高くなる傾向にあります。私立の場合には中高一貫や女子校、男子校、進学や芸術などに特色があり、学校の特徴によって学費が異なります。そのため公立よりも教育費が読みにくく、幅がでます。一般的にすべて私立に行った場合には約2500万円と言われていますが、私立では海外研修などの課外活動が充実していることもあり、その都度お金がかかったることがあります。また高等教育では理系と文系でもかかる費用に差がでます。さらには塾や習い事などの費用を含めると、3000万円~4000万円前後かかるケースもあります。

塾・習い事の費用

教育費の中でも塾や習い事の費用は、必ずしも必要な費用ではありません。しかし家庭の教育方針や地域によって、その考え方、費用のかけ方があり、親としてはそれほど、塾・習い事の費用をかけるつもりがなかったのに、結果的に年間数十万もかけているという家庭も少なくありません。進学したい学校がある場合、どうしても塾に行く必要があったり、音大に行きたい場合は受験用のピアノ教室に通わせたりと、教育にかけるお金がどんどん膨れ上がります。
文部科学省が発表した「平成26年度子供の学習費調査」によると、小学校で見た場合塾にかけた費用は公立で年間14.6万円、私立で31.9万円となっていて、他の年代でも私立の方が塾にかけるお金が高額になっていることがわかります。

子供の教育プランに合わせた資金計画を

子供の幸せな将来や、子供の意向に即した教育機会を与えてあげたいと思うのは、ごく自然な親心です。特に小さな頃から特殊な才能や秀でたところがあるのなら、それをしっかり伸ばしてあげるのも親の仕事の1つです。そのためには子供が小さな頃からしっかりとした資金計画を立てることが大切です。子供自身が進みたい道や親として望むプランを子供と一緒によく相談した上で教育プランを立て、それにかかる資金の確保を早めに考えておきましょう。

最近では子供の数が減っている分、一人当たりにかける教育費の額が高くなっています。また逆説的ですが、十分な教育費をかけるために、あえて多くの子供を持たないことを選択する夫婦もいます。子供と教育費用はそれだけ密接な関係にあり、夫婦や家族で考えるべき大切な内容です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

こんな銀行ありかも!銀行のユニークなサービス5選

銀行に面白いサービスがあることを知っている人は少ないのではないでしょうか。ここで紹介する面白いサービスを知れ…

Styl@es / 566 view

投資をはじめるときに持っておきたいオススメ投資系アプリ7選

投資をはじめるときに持っておきたいオススメ投資系アプリ7選についてまとめました。投資について学ぶ方法は本だけ…

Styl@es / 498 view

おトクに使おう♪携帯電話端末を安く手に入れる方法!

買い替えたくても、やっぱり携帯電話端末料金って高いですよね。そんなお悩みをもつ方のために、携帯電話端末を安く…

Styl@es / 87 view

関連するキーワード