結婚生活を続けていく上で、もう1秒たりとも相手と一緒にいたくないと感じてしまったり、色々な事情で問題が発生すると離婚という文字が頭に浮かぶことがあるかもしれません。そんな時、まず知っておくべきなのは離婚費用です。離婚にかかる費用、離婚後の生活の見通しなど、経済的な問題はどんな時でも重要事項です。今回はその中でも離婚をする際の費用の相場となぜお金がかかるのか、その理由について解説します。

離婚費用の相場はどれくらい?

離婚を考える時、離婚した後の生活や経済的な変化などいろいろなことが頭を巡ります。離婚費用はその中の1つですが、離婚費用として有名な慰謝料や財産分与などの話は離婚事由によって異なり、実は夫婦によって費用の額は大きく違ってきます。慰謝料や財産分与の手続きを弁護士に依頼した場合は、それなりの費用が発生します。
もっとも安いのは、円満に離婚するケースです。離婚するのに円満な状態というのは少し違和感があるかもしれませんが実際にどちらかに決定的な離婚事由がなくても離婚という選択をする夫婦もいます。そのようなケースでは離婚費用はほぼかかりません。
また円満離婚とは言えなくとも、お互いが少ない費用で離婚できる方法として、協議離婚を選ぶケースもあります。協議離婚の場合、財産分与、慰謝料、養育費などお金に関する取り決めを記載する公正証書を弁護士、もしくは行政書士に作成してもらう場合があり、その費用は5万円前後が相場といわれています。ただし自分たちで公正証書を作成すれば費用がかかりません。

そもそも離婚にはどんな種類がある?

それでは、協議離婚以外にはどのような離婚があるのでしょうか。実は協議離婚はもっとも多くの人が選択する離婚の方法と言われています。その理由は費用が安いこと、そして短期間で離婚を成立させることができるためです。一度は深い愛情で結ばれていたとしても、あるいはそのような睦まじい時期があったからこそ、離婚を決めた後に長く生活を共にするのはお互いにとって苦痛であり負担でしかありません。一部では結婚よりも離婚の方が大変と言われますが、まさに離婚は心身に大きなストレスを抱えながら、なけなしのエネルギーを振り絞って行うものです。そのためできるだけ労力をかけたくないと考えるのであれば、協議離婚は最も適切なやり方です。離婚には他にも調停離婚、裁判離婚、審判離婚などがあり、協議離婚よりも負担度は大きいと言えます。協議離婚で解決できない場合には、いずれかの離婚となることを覚えておきましょう。

離婚の弁護士費用はどれくらい?

離婚手続きが長期化した際に、もっとも費用がかかるのが弁護士にお願いするケースでしょう。調停離婚や裁判離婚などでは弁護士にお願いするとスムーズに離婚できる可能性が高くなります。しかし費用がかかってしまうのがネックです。その費用ですが、一般的には50万から70万円が相場と言われています。離婚するためにこれほどのお金がかかるのは、かなりの出費ですが逆に言うと、このくらいのお金を出せば離婚できるという目安になります。弁護士に依頼して確実に離婚したいと考えている場合、これだけの離婚費用がかかることを念頭に置いておく必要があります。

離婚をする時は高額なお金の支出が気になるところです。しかし離婚が話し合いだけで決着がつかずもつれた場合、最も苦しいのは時間がかかることです。時間がかかればそれだけお金もかかりますが、さらには心身への負担が非常に大きく、離婚の成立までは持久戦のような状態が続きます。離婚を決心した時には、費用面だけでなく時間との戦いになることも覚えておきましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

携帯電話をMVNO・格安SIMに!購入から利用までの流れ

「携帯電話の利用料金を安くしたい…」そんな方必見!携帯電話をMVNO・格安SIMに変更するだけで、その料金を…

Styl@es / 95 view

携帯電話のデータ通信料を安くする方法

スマホはついつい使いすぎて毎月の支払い額が大きくなりがちですよね。そこでここではデータ通信料をできるかぎり安…

Styl@es / 104 view

必ず抑えておきたい!格安SIMのメリット・デメリット

CMでもよく見かける格安SIM。携帯電話の買い替えを考えている人の中には、候補に入れている人もいるのでは?そ…

Styl@es / 83 view

関連するキーワード