結婚したい、と思った時に気になるのは費用のことではないでしょうか。実際に結婚をした人はどれくらいお金をかけ、また何にかけたのか。このような疑問は初めて結婚する人にとって、非常に気になりますよね。実は結婚費用があまりなくても、結婚することは可能です。今回はそのような結婚費用を安くする方法についても紹介します。

結婚費用の相場はどれくらい?

結婚費用として、まず思い浮かぶのは挙式と披露宴でしょう。挙式と披露宴の費用はカップルによって差があるものですが、一般的な金額としては300万〜350万円前後と言われています。ただ、それ以外にも新居の準備など新しい結婚生活に向けてのお金も必要になります。そのため300万〜350万円というのは1つの大きな目安ですが、一時的にはそれ以上かかることも少なくありません。ただしこのような結婚費用はかけようと思えばいくらでもかけることができますが、反対にささやかにしようと思えば、かなり少ない額で結婚することもできます。極端な例では、婚姻届一枚提出するだけで結婚は成立します。そうなると市役所に行く交通費だけで済みます。よく人生で1回のことだから、滅多にないことだから、と言ってそれほど必要性を感じていないものにまでお金をかけるカップルは少なくありません。確かに結婚式は一度ですが、結婚生活は継続するものです。そのことを意識して、お金の使い方を考えましょう。

そもそも結婚式ってなににお金がかかるの?

結婚に関する費用として結婚式以外にも、婚約時の結納、両家の顔合わせの食事会、婚約指輪、新婚旅行代などがかかりますが、ここでは結婚式に絞って、その内訳をみていきます。
結婚式の主な項目として、挙式料、招待客の料理代やお車代、新郎、新婦の衣装代、引き出物などのギフト類代、ブライダルエステ、司会者への謝礼、写真やビデオなどの撮影代などです。その中で、多くのカップルがお金をかけているのが、招待客の料理代です。300万円前後の式の場合、120万円前後が招待客の料理代となります。次いで高額なのが新婦の衣装です。たとえレンタルであっても、50万円前後するケースは少なくありません。ドレスの質にこだわったり、お色直しをすると、その費用はさらに高額になることもあります。その次に高い項目になると引き出物やプロのカメラマン、司会者への謝礼です。これらの料金はランクによって幅がありますが、およそ20万円から35万円程度です。

夫婦が実際に支払う実費は?

このように費用をみていくと、経費の多さに結婚をするのが嫌になってしまうという人もいるかもしれません。ところが夫婦が実際に払った金額でみると、以外にも30万円から50万円ほどと、それほど高額ではないのです。その理由は家族からの援助やご祝儀によって、式の費用の大半をまかなえることが多いためです。ただ結婚費用の支払いは先払いの式場が多いため、一時的にお金が足りなくなるケースもあります。そのような時にはブライダルローンを利用する人もいるようです。

結婚式は費用を抑えることもできる

お金がないけれど結婚したい!という人はスマ婚、フォトウェディング、コンパクトウェディングなどの新タイプの結婚式がおすすめです。伝統的な結婚式よりも内容が限定されることもありますが、自分たちらしいスタイルで結婚式を挙げることができて、なおかつ費用を抑えることもできます。結婚は必ずしもお金をかける必要はなく、両者の合意があればささやかでも思い出深いイベントにすることができます。

結婚式の費用は工夫次第でかなり安くすることができますが、一般的に安くできる費用は、最も経費がかかる招待客へのおもてなしにあたる部分です。特に料理代やお車代などを抑えることで、全体の金額はかなり安くなります。ただし結婚式は周囲の方への感謝を示す場でもあるので、費用のかけ方は全体的なバランスを考えたものにすることをおすすめします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

もっと安くできるかも!?2人暮らしの電気代平均額は?

カップル・夫婦など二人暮らしでどれくらい光熱費がかかるのかご存知ですか?平均額を知って節約生活を始めましょう…

Styl@es / 346 view

携帯電話のデータ通信料を安くする方法

スマホはついつい使いすぎて毎月の支払い額が大きくなりがちですよね。そこでここではデータ通信料をできるかぎり安…

Styl@es / 104 view

お金ないけど結婚はできる?

お金がないから結婚できないと思っていませんか?心配無用です!お金がないカップルでも結婚する方法を紹介します。

Styl@es / 20 view

関連するキーワード