「結婚に必要なのは二人の愛だけ」というのは非常にロマンチックな言葉ですが、実際にはお金も必要ですよね。一般的には、結婚費用として300万円程かかると言われているため、お金のないカップルは「自分たちの結婚はまだ先」と考える傾向にあります。ところが最近では結婚式のスタイルも多様化していてお金がないカップルでも結婚式をあげる方法があります。

結婚そのものにはお金はかからない

結婚するためにはお金がかかる、というイメージを持っている人は少なくありません。確かに結婚には結納、挙式、披露宴、新婚旅行、新居とその家財、そして子供が生まれると養育費など、お金がかかるポイントがいくつもあります。ところが社会的な制度上の結婚は、市役所や区役所などの役所に婚姻届を提出して、受理されれば成立します。婚姻届は役所で無料配布されている用紙です、提出にかかる費用は0円です。費用がかかるとしても交通費くらいでしょうか。お金をかけて結婚式をするだけが結婚ではないと考えると、お金がないから結婚できないと思い込んで結婚を諦めているカップルには励みになるかもしれませんね。

お金がなくても結婚する方法

しかし人生で「今後の人生を共にしていこう」という人に出会えて、その始まりとして役所に婚姻届を提出するだけ、というのはやはりどこか味気ない部分もあるでしょう。そのようなカップルはスマ婚、フォトウェディング、レストランウエディングなど、お金をかけない方法での結婚を考えてみましょう。最近では新しいスタイルの結婚式がたくさんあり、お金の問題だけでなく、カップルのスタイルとしてこのような結婚式を好んで選ぶケースが増えています。

結婚するならお金は大事

お金がなくても結婚はできますが、結婚生活を維持するのために、お金はやはり大切なものです。そのような意味で、結婚する時点のお金の有無はあまり重要ではなくとも、結婚後のお金の問題は結婚前からしっかり話し合う必要があります。夫婦で共働きをするか、実家からの経済的、物質的な支援があるのか、借金がないか、趣味にどれだけお金がかけられるのか、どんなライフプランを送りたいかなど、現在の経済状況やお互いの希望を把握して、今後の具体的なライフスタイルを決めていきます。毎月・毎年の収入、支出、貯蓄計画などは最初にきちんと立てましょう。

パートナーとの将来設計を共有しよう

お金の話をする時に、お互いの現状を把握することも大切ですが、それ以上に夫婦でどんな将来ビジョンを描きたいかを話しあって、認識を合わせることも重要です。例えば子供をもつなら何人を望むか、そのために必要なお金がいくらか、また住宅や車の購入も夫婦にとって必要だと思うのなら、計画的にお金を貯めなければなりません。このような話し合いは夫婦の金銭感覚のすり合わせにおいても不可欠ですが、絆を深めるという意味もあります。結婚する前や結婚直後に生々しい話はしたくないと思うかもしれませんが、むしろ結婚する相手だからこそ、他の人には話せないプライベートな会話を積極的にするべきなのです。

結婚は大きなライフイベントの1つです。それだけにお金をかけて行うもの、という固定観念を持つ人もいますが、大切なのは結婚式よりも結婚生活そのものであるはずです。今結婚したい相手はいるけれど、お金がないために結婚ができないと思っているのなら、それはもったいないことです。生涯を共にしたい人と共に生きていくことは、立派な結婚式をあげることよりも遥かに難しく、貴重な体験だからです。ぜひ二人らしい結婚のあり方を模索してみてくださいね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

金利で変わった?住宅ローン金利動向のトレンド

住宅購入を検討している人にとって、住宅ローンの金利は、重要な問題ですね。昨今の金融政策による影響はどのような…

Styl@es / 300 view

手遅れになる前に!今知っておくべき30代の年金事情

少子高齢化が進む昨今。年金に不安がある方は多いはず。豊かな老後を過ごすためにも、年金事情について詳しく知る必…

Styl@es / 408 view

毎月おトクに♡必見!携帯電話料金の見直しポイント

携帯電話は、今や私たちの生活に欠かせないものとなっています。だからこそ、毎月の支払額は少しでも抑えたいところ…

Styl@es / 88 view

関連するキーワード